妊婦さんの認知度99.6%
「授乳クッションといえばBoppy」が
アメリカの常識です。

「Boppy(ボピー)」は
1989年にアメリカで生まれました。
創業者のスーザン・ブラウンが、
授乳のためのクッションを
作ったのが始まりです。
当時なかった授乳クッションを
作って広げたパイオニアとして、
アメリカでは授乳クッション自体が
「Boppy」と呼ばれるほどに成長しました。
2008年にアルツァーナグループの一員となり、
グローバルにその販路を広げています。
現在は授乳クッションの他に、妊婦用抱き枕、
ベビーキャリア(抱っこ紐)などを
展開しています。

世界に先駆けて作った
授乳サポートクッション

赤ちゃんを乗せても沈み込まない 授乳にちょうどいい高さを保てる 赤ちゃんを安定した姿勢で抱きかかえられる

  • 赤ちゃんを乗せても沈み込まない
  • 授乳にちょうどいい高さを保てる
  • 赤ちゃんを安定した姿勢で抱きかかえられる

妊婦さんに支持される4つのポイント。


  • 赤ちゃんが沈みにくい、
    こだわりの中綿

    やわらかいけれど中身の詰まった中綿で、赤ちゃんが沈み込みにくく、授乳姿勢を保ちます。ボピーだけの形状記憶中綿使用。


  • フィットしやすい
    人間工学デザイン

    人間工学的にデザインされており、腰にフィットしやすい形で、授乳中に無理のない姿勢をサポートします。


  • カバーも中綿も
    洗濯機で洗えて清潔


成長に合わせて
4つの使い方ができます。

  • 0ヶ月〜

    母乳やボトルでの
    授乳時のサポートに。

  • 3ヶ月頃〜

    首がすわったら
    赤ちゃんの授乳後の休憩に。

  • 6ヶ月頃〜

    うつぶせや
    体を動かす練習に。

  • 9ヶ月頃〜

    おすわりができるように
    なったら、腰の支えに。

お客様の声

  • 固さがあって、
    赤ちゃんが沈まない。
    (1ヶ月ママ)

  • 10kgの子どもを
    乗せてもへたらない。
    (10ヶ月ママ)

  • 腰に挟みやすくて、
    ちょうどいいサポート感。
    (5ヶ月ママ)

  • カバーが乾きやすく、
    気軽に洗濯できる。
    (3ヶ月ママ)

  • へたらないので
    長く使えそう。
    (3ヶ月ママ)

  • お座り練習にも
    使っています。
    (6ヶ月ママ)

産婦人科医の声

授乳はお母さんと赤ちゃんの絆を深める大切な時間です。しかし、無理な姿勢で授乳を続けるとお母さんの腰や肩、手首に負担をかけることがあります。また、生まれたての小さい赤ちゃんは授乳に長時間かかることもありますし、そんな赤ちゃんもどんどん成長して1年で3倍近い重さになります。身体に負担をかけたまま、1日に何度も長時間授乳を行うのは大変なことです。

授乳クッションを使うことで授乳の姿勢が楽になり、お母さんの身体への負担を減らすことができます。様々な授乳クッションがありますが、特にBoppyの授乳クッションのように綿がしっかり詰まって硬めのものは、赤ちゃんがしっかり安定するため、授乳が楽になりやすい印象です。お母さんに赤ちゃんもうまく吸いつける姿勢を取ることができれば、授乳量が増えたり赤ちゃんの機嫌も良くなるかもしれませんね。ぜひ、産後早期より授乳クッションをうまく使って、赤ちゃんとの健やかな産後ライフを過ごしていただきたいです。

産婦人科医 橋田 宗祐 先生

産婦人科医 橋田 宗祐 先生

  • レッドラブレター

  • チャコールジオサークル

  • 形状記憶中綿

  • カバー取り外し可能

Color レッドラブレター、
チャコールジオサークル
希望小売価格(税込) ¥4,950
対象年齢 0〜12ヶ月
商品サイズ H150×W520×D480(mm)
商品重量 930g
  • Color:

    レッドラブレター
    チャコールジオサークル

  • 希望小売価格(税込):

    ¥4,950

  • 対象年齢:

    0〜12ヶ月

  • 商品サイズ:

    H150×W520×D480(mm)

  • 商品重量:

    930g

カバー:綿100% 
中綿:ポリエステル100%

液温は、30℃を限度とし、
洗濯機で弱い洗濯処理ができる。
洗濯処理後のタンブル乾燥処理ができる。
低温乾燥:排気温度の上限は最高60℃

取扱店舗

妊婦さんの快適な
睡眠のために考えた
妊婦⽤抱き枕

3つに分かれるパーツで、
好みに合わせてカスタマイズ。

妊娠中の健康と快適さを追求して、
理学療法⼠と共同開発した抱き枕。
3つのパーツを好きに組み合わせて
使⽤でき、
妊婦さんの横向きでの就寝を
サポートします。


  • 全パーツ使⽤

    頭から⾜までを、それぞれの部位に合わせたクッション量でサポートします。


  • ヘッドなし

    使い慣れた枕を使用し、お腹と足元をクッションでサポートします。


  • レッグなし

    足元は自由に、頭とお腹をクッションでサポートします。


  • 後ろ向き

    クッションに背中を預ける姿勢もとれます。

お客様の声

  • お腹部分だけ薄いのがいい。
    (妊娠4ヶ月)

  • とにかく抱きやすくて、
    家で洗えるのもうれしい。
    (妊娠中)

  • 組み立てがカンタン。
    (妊娠8ヶ月)

  • 足の置き場が広くて
    足が乗せやすい。
    (妊娠9ヶ月)

  • しっかりしていて、
    寝そべっても沈まない。
    (妊娠8ヶ月)

  • お腹が安定して安心感がある。
    (妊娠9ヶ月)

ご⾃宅で洗えます。洗濯機でも洗えますが、
型崩れすることがありますので、
⼿洗いを推奨しております。
Color サンドジオサークル
希望小売価格(税込) ¥8,250
対象年齢 妊娠中~産後
商品サイズ H180×W1750×D630(mm)
商品重量 1.6kg
  • Color:

    サンドジオサークル

  • 希望小売価格(税込):

    ¥8,250

  • 対象年齢:

    妊娠中~産後

  • 商品サイズ:

    H180×W1750×D630(mm)

  • 商品重量:

    1.6kg

カバー:綿100% 
中綿:ポリエステル100%

※カバーははずせません

液温は、30℃を限度とし、
洗濯機で弱い洗濯処理ができる。
洗濯処理後のタンブル乾燥処理ができる。
低温乾燥:排気温度の上限は最高60℃

※洗濯機でも洗えますが、型崩れすることがありますので、手洗いを推奨しております

取扱店舗

Contact Us

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容